StrongHandsMasterNodeのWalletをLinuxで使おう(Ubuntu 16.04.4 LTS)

仮想通貨Wallet, Ubuntu, VPS, SHMN

おはこんばんちは。
みんな大好き筋肉コイン、の派生?コイン、StrongHands MasterNodeのWalletのお話です。

スワップ期間は終了しましたが、CoinExchangeでの取引も始まり、今後の展開が期待できますね。

今回もVPSを使った仮想通貨のWalletのお話です。
それでは行ってみましょう。

使用するサーバー環境

今回も使用するサーバーは以下の通り。

SERVER : KAGOYA VPS (KVM)
SPEC : 2Core / 2GB / 30GB SSD
OS : Ubuntu 16.04.4 LTS

KAGOYAの回し者みたいになってますね。はい。
KAGOYAのVPSは日額課金で(以下略



※Ubuntuの初期設定を別記事でまとめました。
よかったら参考にしてくださいな。
KAGOYAのVPSでUbuntuを初期設定しよう
KAGOYAのVPSでUbuntuを初期設定しよう その2

Walletのダウンロード

まずはいつもののおまじない。

sudo apt update
sudo apt upgrade

続いて最新版のWalletを探してダウンロード。
というか、インストール用スクリプトのダウンロードとなります。

本家のgithubはこちら。
GitHub – bitcoinbabys/StrongHandsMasterNode

上記以外に、インストール用スクリプトを配布している方がいます。
GitHub – nashsclay/StrongHands-Masternode

こちらを使用して、Walletをセットアップします。

Walletのインストール

wget https://raw.githubusercontent.com/nashsclay/StrongHands-Masternode/master/shmn_mn_setup.sh
chmod +x shmn_mn_setup.sh
./shmn_mn_setup.sh 

以上。

早っ!

注意事項

スクリプトを実行すると、ファイルのダウンロードやインストール作業が自動で始まります。
しばらく経つと、

Enter your shmn Masternode Private Key. Leave it blank to generate a new Masternode Private Key for you:

こんな表示が出ます。

あなたの持ってるStrongHands MasterNodeのPrivate Keyを入力してねっ!
ってことですが、初めての場合等、持っていない場合は無視してEnterキーをッターン!してください。

インストール後の確認

またしばらく経つと、今度はこんな表示に。

shmn server starting
Installing and setting up firewall to allow ingress on port 50005
==============================================================================================
shmn Masternode is up and running listening on port 50005.
Configuration file is: /root/.shmn/shmn.conf
Start: systemctl start shmn.service
Stop: systemctl stop shmn.service
VPS_IP:PORT xxx.xxx.xxx.xxx:50005
MASTERNODE PRIVATEKEY is: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Please check shmn daemon is running with the following command: systemctl status shmn.service
Use shmn-cli masternode status to check your MN.
==============================================================================================

PRIVATEKEYは非公開です(当たり前)

ポートの確認

使用するポートが50005となっています。
スクリプト内に、ufwの自動設定も記載されているのですが、念の為確認してください。

xxx@xxx:~# ufw status
Status: active
50005/tcp                  ALLOW       Anywhere                   # shmn MN port
50005/tcp (v6)             ALLOW       Anywhere (v6)              # shmn MN port

起動の確認

StrongHands MasterNodeは、以前に紹介したStrongHandsやSproutsのような実行ファイルと違って、Serviceとして実行されているため、コマンドが少し変わっています。

shmn-cli コマンド

こちらをベースにコマンドを打っていきます。
一先ず起動できているかの確認を。

xxx@xxx:~# shmn-cli getinfo
{
    "version" : 2030000,
    "protocolversion" : 70811,
    "walletversion" : 61000,
    "balance" : 0.00000000,
    "obfuscation_balance" : 0.00000000,
    "blocks" : 11000,
    "timeoffset" : 0,
    "connections" : 1,
    "proxy" : "",
    "difficulty" : 129.62188055,
    "testnet" : false,
    "keypoololdest" : 1534470568,
    "keypoolsize" : 1001,
    "paytxfee" : 0.00000000,
    "relayfee" : 0.00000100,
    "staking status" : "Staking Not Active",
    "errors" : ""
}

無事、起動できていますね。

shmn.confの確認と修正

エディターで/root/.shmn/shmn.confを開いて、修正を加えます。
viでもvimでもお好きなエディタをどうぞ。
個人的に最近のお気に入りはnano。

xxx@xxx:~# nano /root/.shmn/shmn.conf
rpcuser=xxxxxxxxxx
rpcpassword=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
#rpcport=50006
rpcport=50006  #コメントアウトの削除
rpcallowip=127.0.0.1
listen=1
server=1
daemon=1
staking=1      #staking=1を追記
port=50005
logintimestamps=1
maxconnections=256
#bind=xxx.xxx.xxx.xxx
masternode=1
masternodeaddr=xxx.xxx.xxx.xxx:50005
externalip=xxx.xxx.xxx.xxx:50005
masternodeprivkey=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

rpcのコメントアウトの削除と、staking=1の追記を行います。
特に、staking=1を忘れてしまうとPoSしませんので注意してください。

PRIVATEKEYもここに書いてあるので、忘れずにバックアップ等しておきましょう。
shmn.confの修正が終わったら、shmnのServiceを再起動します。

systemctl start shmn.service
systemctl stop shmn.service

各種コマンドの確認

続いてコマンドの確認をしていきます。

コマンド一覧の確認

xxx@xxx:~# shmn-cli help
== Blockchain ==
getbestblockhash
getblock "hash" ( verbose )
getblockchaininfo
getblockcount
getblockhash index
getblockheader "hash" ( verbose )
getchaintips
getdifficulty
getmempoolinfo
getrawmempool ( verbose )
gettxout "txid" n ( includemempool )
gettxoutsetinfo
verifychain ( checklevel numblocks )

== Control ==
getinfo
help ( "command" )
stop

== Generating ==
getgenerate
gethashespersec
setgenerate generate ( genproclimit )

== Mining ==
getblocktemplate ( "jsonrequestobject" )
getmininginfo
getnetworkhashps ( blocks height )
prioritisetransaction   
reservebalance [ [amount]]
submitblock "hexdata" ( "jsonparametersobject" )

== Network ==
addnode "node" "add|remove|onetry"
getaddednodeinfo dns ( "node" )
getconnectioncount
getnettotals
getnetworkinfo
getpeerinfo
ping

== Rawtransactions ==
createrawtransaction [{"txid":"id","vout":n},...] {"address":amount,...}
decoderawtransaction "hexstring"
decodescript "hex"
getrawtransaction "txid" ( verbose )
sendrawtransaction "hexstring" ( allowhighfees )
signrawtransaction "hexstring" ( [{"txid":"id","vout":n,"scriptPubKey":"hex","redeemScript":"hex"},...] ["privatekey1",...] sighashtype )

== Shmn ==
masternode "command"... ( "passphrase" )
masternodelist ( "filter" )
mnbudget "command"... ( "passphrase" )
mnbudgetvoteraw     

長いよ(泣)

Walletの暗号化とロック解除

この辺りは他の通貨と同じですね、まずは、

shmn-cli encryptwallet "passphrase"

でパスワードを設定します。
すると、helpに

walletlock
walletpassphrase "passphrase" timeout ( anonymizeonly )
walletpassphrasechange "oldpassphrase" "newpassphrase"

の3つが追加されるので、ロック解除を行います。

shmn-cli walletpassphrase "passphrase" timeout

timeout欄は999999で大丈夫です。

よく使うコマンド

こちらもStrongHandsやSproutsとほとんど同じですね。

getaddressesbyaccount
getbalance
getstakingstatus

この辺りでしょうか。

stakingstatusの確認

stake(PoS)の準備ができているかの確認です。

xxx@xxx shmn-cli getstakingstatus
{
    "validtime" : true,
    "haveconnections" : true,
    "walletunlocked" : true,
    "mintablecoins" : false,
    "enoughcoins" : true,
    "mnsync" : true,
    "staking status" : false
}

始めたばかりだとこんな感じだと思います。
全てがtrueにならないとstakeしません。

mintablecoinsとstaking statusは入金してしばらく経たないとtrueにならないので、注意してください。

Portの再確認

StrongHands MasterNodeで使用するポートは以下の通りです。

port : 50005
rpc  : 50006

ufw等、ファイアウォールを設定している場合は、ポート開放をお忘れなく。

MasterNode建てる?

どうしようか悩み中。
その前に種無いし()

MasterNode建てられるくらい種が溜まったらやってみようかな?

Wallet, Ubuntu, VPS, SHMN

Posted by gcga