SproutsのWalletをLinuxで使おう その2

2018/08/17仮想通貨Wallet, Ubuntu, Sprouts, VPS

前回の続き

もやしコインこと、Sproutsの2回目です。
もやたすカワイイよもやたす(*´Д`)ハァハァ

ほぼStrongHandsの2回目の使い回し

Bootstrap入れてみる

入れなくても同期は始まりますが、時間かかるので導入推奨です。

Bootstrapのダウンロード

結構容量多いです。

こちらからダウンロードしてください。
現在は「sproutshf_bootstrap_20180709.zip」ですね、更新があった場合は名前が変わると思いますので、適宜判断してください。

wgetだぜ!

wget https://github.com/sprouts-coin-org/sprouts/releases/download/v0.2.0.0/sproutshf_bootstrap_20180709.zip

で、解凍。

sudo unzip sproutshf_bootstrap_20180709.zip

Bootstrapの適用

解凍してできたフォルダの中に「blocks」「chainstate」「peers.dat」っていうのがあるので、「.sproutshf」のディレクトリへまるっとコピーします。

ちょっと注意

sproutsdを一度でも起動させていると、Bootstrapに含まれているディレクトリやファイルが自動で生成されています。
ここにそのままコピーすると、不要ファイルが残ってうまく同期しなくなります。

なので、一度sproutshf内を整理します。

移動して、

cd /root/.sproutshf/

中身を確認すると、だいたいこんな感じかと思います。

xxx@xxx-xxx-xxx-xxx:~/.sproutshf# ls
blocks      database  debug.log  sprouts.conf  wallet.dat
chainstate  db.log    peers.dat  sproutsd.pid

sproutsdを起動させている場合は一度ストップしてから、wallet.dat以外のディレクトリとファイルを移動またはリネームしてください。
念の為wallet.datのバックアップもお忘れなく。
(セルフGOXしても責任取れないので。。。)

Bootstrapの適用が終わって、同期や残高が問題なければ移動/リネームしたファイルは削除してしまって大丈夫です。

「.sproutshf」内が「blocks」「chainstate」「peers.dat」「wallet.dat」だけになったら、sproutsdを起動してください。
以上でBootstrapの適用は終了。

Walletの操作いろいろ

ここからが本番。

ひとまずhelpコマンドで一覧をざっと確認。
やっぱりコマンド一覧が長い。。。

sproutsd help
addmultisigaddress  <'["key","key"]'> [account]
addnode  
backupwallet 
checkwallet
createmultisig  <'["key","key"]'>
createrawtransaction [{"txid":txid,"vout":n},...] {address:amount,...}
decoderawtransaction 
dumpprivkey 
encryptwallet 
enforcecheckpoint 
getaccount 
getaccountaddress 
getaddednodeinfo  [node]
getaddressesbyaccount 
getbalance [account] [minconf=1]
getbestblockhash
getblock  [verbose] [txinfo]
getblockcount
getblockhash 
getblocktemplate [params]
getcheckpoint
getconnectioncount
getdifficulty
getgenerate
gethashespersec
getinfo
getmininginfo
getnetworkghps
getnewaddress [account]
getpeerinfo
getrawmempool
getrawtransaction  [verbose=0]
getreceivedbyaccount  [minconf=1]
getreceivedbyaddress  [minconf=1]
gettransaction 
gettxout   [includemempool=true]
gettxoutsetinfo
getwork [data]
help [command]
importprivkey  [label] [rescan=true]
keypoolrefill
listaccounts [minconf=1]
listaddressgroupings
listlockunspent
listminting [count=-1] [from=0]
listreceivedbyaccount [minconf=1] [includeempty=false]
listreceivedbyaddress [minconf=1] [includeempty=false]
listsinceblock [blockhash] [target-confirmations]
listtransactions [account] [count=10] [from=0]
listunspent [minconf=1] [maxconf=9999999] ["address",...]
lockunspent unlock? [array-of-Objects]
makekeypair [prefix]
move    [minconf=1] [comment]
removetransaction txid
repairwallet
reservebalance [ [amount]]
sendalert       [cancelupto]
sendcheckpoint 
sendfrom    [minconf=1] [comment] [comment-to]
sendmany  {address:amount,...} [minconf=1] [comment]
sendrawtransaction 
sendtoaddress   [comment] [comment-to]
setaccount  
setgenerate  [genproclimit]
settxfee 
showkeypair 
signmessage  
signrawtransaction  [{"txid":txid,"vout":n,"scriptPubKey":hex,"redeemScript":hex},...] [,...] [sighashtype="ALL"]
stop
submitblock  [optional-params-obj]
validateaddress 
verifymessage   

まずは、

encryptwallet <passphrase>

を忘れずに。
お好きなパスワードを決めてください。

上記コマンドを実行すると、その後のhelpに下記が追加されます。

walletlock
walletpassphrase <passphrase> <timeout> [mintonly]
walletpassphrasechange <oldpassphrase> <newpassphrase>

<>は必須、[]はオプションとなっています。
アカウント作成は必須ではないので、setaccountしていなければ<account>欄は全て””と入力してください。

よく使うコマンド

よく使うのは

getaddressesbyaccount <account>
getinfo
listminting
sendtoaddress <stronghandsaddress> <amount>

辺りでしょうか。

順に見てみます。

getaddressesbyaccount “”

[
    "your address"
]

そのまんま、Walletのアドレスです。

getinfo

{
    "version" : "v0.2.0.0-gfe810be89b87",
    "protocolversion" : 70002,
    "walletversion" : 60000,
    "balance" : 99999999.00000000,
    "newmint" : 0.00000000,
    "stake" : 0.00000000,
    "blocks" : 866441,
    "moneysupply" : 15656322979288.46093750,
    "timeoffset" : 0,
    "connections" : 73,
    "proxy" : "",
    "ip" : "xxx.xxx.xxx.xxx",
    "difficulty" : 226.72180329,
    "testnet" : false,
    "keypoololdest" : 1529994689,
    "keypoolsize" : 101,
    "paytxfee" : 0.01000000,
    "checkpoints" : true,
    "unlocked_until" : 1632302262754,
    "errors" : "This is a pre-release test build - use at your own risk - do not use for mining or merchant applications"
}

とりあえずこれでbalance含めた情報が見れます。

listminting

{
    "account" : "",
    "address" : "your address",
    "input-txid" : "your transaction",
    "time" : "1532664243",
    "amount" : "99999999",
    "status" : "mature",
    "age-in-day" : "11",
    "coin-day-weight" : "599999994",
    "proof-of-stake-difficulty" : 1220794.18119802,
    "minting-probability-24h" : 0.00983824,
    "minting-probability-5d" : 0.06378774,
    "minting-probability-10d" : 0.15888070,
    "minting-probability-30d" : 0.63702213,
    "minting-probability-90d" : 0.99944101,
    "search-interval-in-sec" : 1,
    "attempts" : 596835
}

今どのくらいかな~ってのを確認してください。
StrongHandsと違ってamountの桁数が修正されてますね。
見やすくなって良かった。

後は取引所等でSproutsを買って送金すればPoS Mintingが始まります。

おしまい

とりあえずこれでSproutsもPCつけっぱなしから開放されました。
それでは、良いもやしライフをお過ごし下さい。

Wallet, Ubuntu, Sprouts, VPS

Posted by gcga